行政書士とは

行政書士とは

行政書士は、行政書士法に基づく国家資格者の事です。

行政書士が行える仕事

行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類その他権利義務又は事実証明に関する書類を作成すること等を業とします。但し、他の法律において制限されているものについては、業務を行うことができません。


 ~~例えば~~

<官公署に提出する書類>
建設業許可、農地法関係、開発行為許可、産業廃棄物許可、飲食店営業許可、質屋等営業許可申請、宅建業免許申請、風俗営業許可、自動車登録関係、外国人在留資格・永住許可関係、NPO法人関連、等々


<権利義務又は事実証明に関する書類>
遺言書、遺産分割協議書、内容証明、交通事故調査・報告書の作成・自賠責保険請求手続き、各種契約書(贈与、売買、消費貸借、賃貸借、使用貸借、請負、委任、寄託)、念書、示談書、協議書、告訴状、告発状、始末書、定款、等々

まずは行政書士におたずねください

行政書士が行えない業務は、それぞれの法律専門職と連携して、ワンストップサービスを行うよう心がけています。案件によっては、弁護士、司法書士、社会保険労務士、土地家屋調査士など、各専門分野の士業をご紹介したり、一緒に担当する事もできます。
まずは、近くの行政書士にお気軽におたずねください。